ume*memo@tumblr

WEBデザインやってます。そこらへん界隈の気になった情報とか、ひとりごととか。
Jul 25
Permalink
・「メモしよっと」
  わからないことをすべてノートに書く → 成長を実感できる

・「それ、いいですね」
  反論されても、いったん受けとめる

・「何とかなる。命まで取られないよ」
  しんどい時でも、楽観的になる口ぐせでものの見方を少し変える

できる人の口ぐせ』 (菊入みゆき 著/中経出版)より

Permalink

mountroyalmint:

new friends :)
 

Permalink

大切な人を前に「沈黙」してしまわない 63の会話テクニック

・むずかしい言葉を使うよりも、簡単な言葉をいかに使いこなせるか

・言葉より、言葉のニュアンスを感じ取る

・さわやかな「ありがとう」を使いこなす

・嫌いなものについて、話さない

・「タイミングの送れた話」を捨てよう

・「気のきいたセリフ」を言おうとしない

・たくさん話せば話すほど、印象に残らなくなる

・会話は「どんな」より、「いつ」で決まる

・具体性のある体験談は、ズバ抜けて面白い

・風景が見えるように話す

・長い話にオチはないので、絶対にしてしない

・同じことを言われても、初めて言われたようなリアクションをする

・会話は連想ゲーム(論理ではなく連想でつなげる)

・会話に勝ち負けを持ち込まない

・「違う」という前に、まず共感をする

・インパクトは発言の「長さ×回数」に、反比例する

・結論をなかなか言わないのが、一番続かない会話

Permalink
人間が写っていない写真が見られない。文章がない写真集を長時間見ていられない。説明がない展示物は見られない。ボーカルがない音楽が聴けない。誰かが解説していないと、自分の感動が確かめられない。そういう人が多いのだ。

MORI LOG ACADEMY: 見ない人たち (via nsss, pokepuyo)

2009-03-23

もっかいりぶろぐしとこう。ww

(via gkojay) (via handtomouse) (via mokn12) (via netgeek) (via altimeter) (via mocrlbmut) (via tatsukii)

(via do-nothing) (via chelseamix) (via likeasunsyun) (via sunsyun) (via mamemomonga) (via akiyoshi) (via katoyuu) (via tiga) (via yaruo)

(via ritarosso) (via cherub69) (via storadio) (via cherub69)

(via writerman-js) (via fumi-tano) (via shiba500)

2012-08-22

(via mmtki) (via zengame) (via twinleaves) (via allgreendays)

(via kowloon-lee) (via yellowblog) (via takojima) (via deli-hell-me) (via htok) (via makoriinu) (via k-a-i-r-i) (via fishandmush)
Permalink
コナン「あれれ〜?おかしいぞ〜?」
僕「どうしたんだいコナンくん」
コナン「おじさん昨日は夜中の22時までお仕事だったんだよね?」
僕「あ、あぁ、そうだがそれが何か?」
コナン「でもほら、このタイムカード。17時で帰宅したことになってるよ?」
僕「察して」
コナン「アリバイが」
僕「察して」
Permalink

今までで学んだ一番重要な教訓はなんですか?

— 「心が折れそうな時は大体寝不足」


類語に、「機嫌が悪い時は大体空腹」もあります。
https://twitter.com/hirokiarato/status/430871799702638592

Permalink

〜大阪締め(手打ち)〜

船渡御で船がすれ違う時など、祭り中、あちこちで行われる大阪締め(おおさかじめ)。
「打ちましょ」でチョンチョンと2回手を打ち、「もひとつせ〜」でチョンチョン、 最後に「祝うて三度」でチョチョンがチョンと打って締める。
関西では、お祭りの時以外の証券取引所や経済会合でもこの大阪締めが用いられ、浪速の商人には欠くことのできない習慣である。

Permalink
憂鬱な人に言いたいことはただ一つ。 「遠くをごらんなさい」。
憂鬱な人はほとんどみんな、読みすぎなのだ。 人間の眼はこんな近距離を長く見られるようには出来ていないのだ。
(中略)
夜空や水平線をながめている時、眼はまったくくつろぎを得ている。 眼がくつろぎを得る時、思考は自由となり、歩調はいちだんと落ち着いてくる。 前進の緊張がほぐれて、腹の底まで柔らかくなる。 自分のちからで柔らかくしようとしてもだめなのだ。
— 「幸福論」 著:アラン/訳:神谷幹夫/岩波書店 p.172 (via poochin)

(via fujicco2)

Permalink
あとは、凹んだりとか、チャレンジできそうなところを、苦しいところを選んだときには、「とはいえ、死なないし」と。「寝れば忘れるし」というところも1つのキーワードかなと。あと、何より1つ大事なのは、自分の直感を大事にするとか、自分の本当にやりたいことにしたがって経験だとか判断をしていくってことがいいのかなって思います。
Permalink
矢作:テレビ観てたら、お坊さんが10日くらい前に、悩んでる若者とか相談する人がいて、アドバイスをするって番組があって。

小木:うん。

矢作:それをザッピングしながら観てたら、「明日死にたい。生きててもしょうがない」みたいに言ってる女の子に、「人は変われるんですよ」ってことを教えてるんだけど、その中の1個で、「朝起きて、まずパジャマをたたむところから始めなさい」って言ってて。

小木:おぉ。

矢作:「そうすると、変わるんですよ」って言うの。

小木:うん。

矢作:まずそこから始めなさいって言ってたのを、「へぇ~」って思って。俺は、人生で1回もパジャマたたんだことないの。

小木:たたむわけないじゃん。

矢作:そんなの、脱ぎっぱなしよ。

小木:ベッドに投げとくよね。

矢作:そこから、パジャマというかスエットをたたむようにしたの。そしたら、不思議と、布団も直すようになるね。

小木:1回たたむとそうだね。そういうことすると(笑)

矢作:布団もグチャグチャだったのに、布団も直すようになって、そこから色々とちゃんとしなきゃって思って。あのお坊さんスゲェな(笑)

小木:ふふ(笑)

矢作:出かける前に、飲んだものとかそのままだったのに、洗ってから出かけるようになったの(笑)

小木:えぇ(笑)洗って出かけてるの?(笑)

矢作:そう。脱いだら脱ぎっぱなしだったり、「帰ってからやればいいや」って思ってたものが、今は帰ってきたら部屋が綺麗だからね。出かける前に全部やってっちゃうから。早起きも続いてるし。あのお坊さんの一言、凄いよ。

小木:たしかにね。パジャマでそこまで変わるんだね、その1歩が。

矢作:凄い変わるな。俺、変わっちゃったよ(笑)