ume*memo@tumblr

WEBデザインやってます。そこらへん界隈の気になった情報とか、ひとりごととか。
Jul 30
Permalink

(Source: themagicfarawayttree, via yyuu)

Permalink
お昼に入った店で50代くらいのオッサンが『さっきから何だその態度は!お客様は神様だろう!』と若いバイトに怒鳴ってたんですけど、そのバイト、そもそも“お客様は神様”を知らないらしく「え?ちょっと意味わかんないス」とナチュラルに煽ってたんですが、そりゃ知らないよな…三波春夫だもんな。
Permalink
clione:

まずは、自分が何に対して焦っているのかを明確にすること。

まずは、自分が何に対して焦っているのかを明確にすること。

 焦りの正体がわかったら、次は「捨てる」ことです。捨てるとはつまり、緊急でない用事を削り、スケジュールの予備、余白部分を作り出すこと。時間に余裕を持たせれば、焦りの感情をコントロールしやすくなるし、エネルギーの無駄遣いもしなくてすみます。不安な気持ちや焦りを感じることも少なくなってくるでしょう。

 (via 焦ってばかりで何も進まないときは-心身を休ませることでしか焦りを止めることはできない:日経ウーマンオンライン【こころのトリセツ】)

clione:

まずは、自分が何に対して焦っているのかを明確にすること。

まずは、自分が何に対して焦っているのかを明確にすること。

 焦りの正体がわかったら、次は「捨てる」ことです。捨てるとはつまり、緊急でない用事を削り、スケジュールの予備、余白部分を作り出すこと。時間に余裕を持たせれば、焦りの感情をコントロールしやすくなるし、エネルギーの無駄遣いもしなくてすみます。不安な気持ちや焦りを感じることも少なくなってくるでしょう。

(via 焦ってばかりで何も進まないときは-心身を休ませることでしか焦りを止めることはできない:日経ウーマンオンライン【こころのトリセツ】)

Permalink
miffycore:

2chan.net [ExRare]

miffycore:

2chan.net [ExRare]

(via inuccosan)

Permalink
Permalink
「まとまった時間」は永遠にやってこない、とすれば、私たちができることは、大きな仕事を小さく分割して、日々のルーチンに埋め込むしかないのです。これが大きな仕事につながっていることを忘れるくらいに小さなルーチンに分割して埋め込むのです。
Permalink
「俺は、何もプレッシャーなどかけていない」 「ムリな要求などしていない」 「勝手に、潰れていっただけだ」 「あの程度で潰れるのなら、どこに行っても同じだ」
 などという発言が聞かれることが多いが、その発言自体が、リーダーシップの失敗を物語っている。
Permalink

困れ。困らなきゃ何もで きない。

本田宗一郎(本田技研工業最高顧問)

Permalink

725 名前:本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2009/07/27(月) 18:08:14 ID:gmisH6qQ0
中学卒業間近のある日。
授業(自習?)かなんかで、
今まで世話になった人に手紙を書きましょう みたいな
よくわからん時間があった

周りのヤツ等は友人や部活の顧問に一生懸命書いてた
自分は最初は「今どき手紙かよ」と思って馬鹿にしていたけど
なんとなく書かなきゃいけないような気がして
半年前くらいに死んだじーちゃんに手紙を書いた。
まぁ届くはずがないんだが

最期の時、意識もない寝たきりだったじーちゃんに伝え切れなかった
感謝の気持ちと、高校の制服姿を見せたかった気持ちを
手紙にありったけ込めて、俺はばーちゃんちに向かった


726 名前:本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2009/07/27(月) 18:31:32 ID:gmisH6qQ0
»725続き

普段はろくに顔もみせないダメなヤツなのに
ばーちゃんは笑顔で迎え入れてくれた
俺は奥の方の部屋にある仏壇に手紙をそっと置いて
手を合わせてその日は帰ったんだ

それから数日たって珍しくばーちゃんが家に俺を訪ねて来た
「○○ちゃん、おじいちゃんから返事がきたで」
さらっと言ったもんだからすげービックリしたけど
とりあえず受け取って、ばあちゃんが帰った夜おそるおそる読んでみた

便箋は二枚、内容は
俺の身を案じている事と、俺のじいちゃんへの感謝は日ごろから伝わっていた事と
お前の制服姿は誰よりもキマっている と、
枕元で一生懸命色んな話をしてくれたのに返事もしてあげられなくてすまない
という感じだった

二枚目を見ると
「お前の夢は叶う」
とでかでかと書かれていた

追伸には「ばあちゃんに代筆を頼みました」と震えた字で記されていて

じいちゃんが書いたのか、婆ちゃんが書いたのか

そんなのは関係なしに その日は涙が止まらなかった

Permalink
以前読んだ拷問の本に、心理的に一番ダメージの大きい拷問は「可能性や選択肢を与えてから奪う」と書かれていた。刑務所でも脱獄の可能性を垣間見せ「脱獄するぞ」と決断させてから「そんな可能性はない」と知らせると以後大変従順になると。凄い話だけど、仕事だと普通にある光景じゃないかと震えた。

Twitter / tarareba722

だとすると始めっから信用せず期待も持たないという処世術は心理的には効果があるということか。

(via yoosee)

(Source: mug-g, via andi-b)